先輩社員紹介1SPECIAL INTERVIEW

  1. ホーム
  2. 採用情報 / 先輩社員紹介1
川島 悟 2012年入社 システムソリューション第1本部 ERPソリューション第3ユニット 生産工学部マネジメント工学科卒

Q1学生時代に打ち込んだことは?

財務・会計、金融、物流、情報、知的財産などについて、経営学と科学・工学、両方の観点から幅広く学びました。ERPは、企業の基幹業務を統合的に取り扱うシステムなので、経営工学との関わりが深く、大学で習得した知識が役に立っています。趣味は、今も続けているサイクリングです。愛車は、ビアンキのローマ2という(スタイリッシュな)クロスバイク。東京から芦ノ湖まで、箱根駅伝のコース往復200km以上を日帰りで走ったこともあります。道中、いろいろな景色を楽しめるうえ、ゴールした時の達成感がたまらないんですよ(笑)。

Q2CMCに入社した動機は?

経営工学はITと結びついていますし、IT業界で活躍されている先輩も多かったので、自分も挑戦してみようと思いました。CMCを志望したのは、他のどの会社より、落ち着いて面接を受けられたからです。人事・総務をはじめ、会社訪問や面接でお会いした社員の方がたの人柄が良くて、あまり緊張することなく、自分らしさを表現できました。授業でプログラミングをかじった程度で、ITのスキル・経験はないに等しくて不安もあっただけに、『人がやさしくて研修が充実している。安心して仕事に取り組める』と実感して入社を決めました。

仕事風景

Q3入社してからの研修内容は?

最初に1週間、社会人の基本を学ぶ外部研修を受講。次に2週間、システム開発の専門研修を受けました。Javaというコンピュータ言語を使って、チームでシステム開発の模擬プロジェクトを体験する研修です。引き続き、配属先でのOJT(実地教育)に入りますが、一人ひとりにメンターの先輩がついてアドバイスしてくれるので、文系でもIT経験が無くても着実に力がつきます。私の場合、SAPという国際標準のERPやVBAを使ったエクセルマクロの組み方などをOJTで勉強してから実務に就いたので、順調にスタートを切ることができました。

Q4現在、どのような仕事を担当していますか?

私が所属しているチームは、主に総合商社のお客様が導入されているERP(統合基幹業務システム)「SAP/R3」の運用に携わっています。私の担当は会計システムで、ユーザーからの操作などに関する電話やメールでのお問合わせにお答えしたり、プログラムの改修を行ったりしています。開発業務も手がけており、会計のマスターデータをユーザーが見やすいように加工・出力するエクセルのマクロを何本も作成しました。いずれも最初は先輩に教わりながらでしたが、少しずつ一人でできるようになり、成長の確かな手ごたえを感じています。

仕事風景

Q5今後の目標を聞かせてください。

まずは「自信を持って仕事を進められる」ようになること。担当しているシステムについて完璧に覚えて、先輩のように、お客様や後輩から何を聞かれても答えられる“頼りになる存在”を目標にしています。また、最近は会計システムに加えて旅費管理システムも担当。後輩にVBAを教えたりもできるようになったので、もっと業務の幅を広げていきたいと考えています。基本情報技術者と簿記の資格取得も目指しています。CMCは「頑張って学ぼうという熱意のある人」を手厚く支援してくれる会社なので、どこまでもチャレンジあるのみ!ですね。

ページトップ