CMCの仕事とは

  1. ホーム
  2. 採用情報 / CMCの仕事とは

CMCの仕事とは

お客様や世の中の多様なニーズに応えるために、業務知識やコンピュータ技術を駆使して、使い勝手の良い最適なシステムを提案、構築することでお客様に満足していただくのがCMCの仕事です。仕事は多岐に渡っていますが、なかでも受託システム開発はわが社の最も大きい部分を占めていますので、ここでは、その流れで説明します。

コンサルティング
  • 調査分析 お客様の業務の実情を調査分析し、問題点や課題を整理・可視化します
  • 構想立案 可視化された問題課題について総合的な解決策の構想を計画します
システム開発
  • 要件定義 お客様と共にシステムの必要な機能を練り上げます
  • 設計 要件定義に基づいてシステムの設計を行います
  • プログラミング(製造) 設計書に基づいてPC等を使ってコンピュータ言語でプログラミング(製造)を行います
  • テスト 作成したシステムを念入りにテストし品質を保証します
導入・運用・維持管理
  • 導入 お客様が利用できるようシステムの導入を行います
  • 運用・維持管理 システムが安定して稼動するようにサポートします

入社研修後は、システム開発のスキルを身に着けてもらうのが先決です。キャリアを重ねて、提案、コンサルティングなどもこなせるようになります。実際にCMCがどのようなシステムを作っているかは、以下にある業種やソリューション・サービスを参照してください。

CMCの仕事を業種から探す

  • 商業
  • ロジスティクス
  • 保険
  • 医療
  • 他業種

CMCの仕事をソリューション・サービスから探す

  • 販売情報
  • 会計情報
  • 営業情報
  • 各種ソリューション
  • クラウドサービス
  • IT業務支援サービス
ページトップ